シロアリ駆除・住まいの害虫防除 阪神ターマイトラボ (兵庫県西宮市)
シロアリ駆除・住まいの害虫防除 阪神ターマイトラボ
HOME 会社案内 お問合せ リンク サイトマップ

HOME > トップページギャラリー
ボタン Top Page Gallery
これまでのトップページ・今月の画像
2022年6月度トップページ画像 2022年7月度トップページ画像 2022年8月度トップページ画像
2022年6月 2022年7月 2022年8月
上記の写真は、昨年大阪市内の物件で確認されたイエシロアリの羽アリです。
阪神間でのイエシロアリの羽アリは、6月中旬夜のはじめ頃に発生します。
イエシロアリの羽アリは、正の走光性を有していますので灯りに集まります。
被害箇所では大量に発生するのが、イエシロアリの羽アリの特徴です。
関西でのイエシロアリは、紀伊半島沿岸部が主たる生息地となっています。
近年では大阪湾沿岸部で、イエシロアリは普通に見られるようになりました。
さらに内陸部でのイエシロアリ生息事例も、多く確認されるようになってきました。
南方系のイエシロアリは、内陸部では生息できないと考えられてきました。
イエシロアリの環境適応能力は高く、かなり標高の高い場所でも生息が可能です。
イエシロアリ駆除では、施工者の技術と知識が問われます。
協会仕様書の大量散布で、シロアリ駆除ができるほどイエシロアリは甘くありません。
本巣がどこにあるかを想定し、コロニーを駆除する必要があります。
薬剤の使用量が多ければ、コロニーの駆除ができる訳ではありません。
イエシロアリの生態や行動を加味した上で、シロアリ駆除を行う必要があるのです。
薬剤大量散布によるシロアリ駆除は、当社では安全性からお断りしています。
当社では、数多くのイエシロアリ現場から得られた知識があります。
またイエシロアリ飼育観察、自社での試験研究をシロアリ駆除にフィードバックしています。
イエシロアリ駆除、対策は こちら からお問い合わせください。

上記の写真は、押入壁面で確認されたアフリカヒラタキクイムシの被害です。
合板壁面に多数の小孔と大量の木粉堆積が確認されています。
小孔はアフリカヒラタキクイムシ成虫が、木材内部から脱出する際に形成します。
ヒラタキクイムシ類は、幼虫が木材内部で活動し食害します。
その際、食害部である坑道部分に幼虫の糞(フラス)が溜まります。
成虫が外部出る際、このフラスが邪魔になるため押し出します。
すると木粉が積るように溜まることで、被害に気付きます。
ネットの情報では、成虫脱出孔から殺虫スプレー噴霧の記載があります。
残念ながら脱出孔から入る薬剤量は僅かですので、十分な効果が得られません。
成虫脱出孔が複数回使われることもありますが、1度だけなら木粉はでません。
木粉の堆積がなくなったことで、駆除できたと判断するのは危険です。
内部では幼虫が活動中であり、半年後〜1年後に再び木粉が堆積するのです。
合板に薬剤を塗布されることもありますが、これも効果がありません。
薬剤は内部に浸透しないため、内部で活動する幼虫には効果がありません。
これら処理を行うことで、反対に被害を拡大させてしまいます。
ヒラタキクイムシ類は初期の段階で、適切な対応することで被害の拡大を防ぎます。
当社では、化学的防除と物理的防除を組み合わせ対策を実施します。
ヒラタキクイムシ類対策は こちら からお問い合わせください。

上記の写真は、大阪府内にある物件で撮影したヤマトシロアリ駆除処理の様子です。
この物件では、広縁部分の基礎がコンクリートブロックで造られています。
シロアリ被害はその広縁部分で確認されましたが、一見すると古い被害に見えます。
シロアリ駆除処理では、被害部から低圧でゆっくりと薬剤注入処理を行います。
するとコンクリートブロック基礎隙間の蟻道から、シロアリが流出しました。
シロアリ被害が古く見えても、シロアリ調査により活動範囲把握は必須です。
被害部を壊して調査する方法もありますが、当社では非破壊調査を行います。
非破壊シロアリ探知機で調査を行い、シロアリの動きを把握します。
薬剤にはそれぞれ特性があり、その特性を生かしたシロアリ駆除処理が必須です。
当該物件では、非忌避性遅効性薬剤を最適化して処理を行っています。
マニュアルに従って薬剤処理を実施しても、最大限の効果は得られません。
薬剤はその特性を生かしてこそ、その性能が発揮されるのです。
当社では薬剤の特性を把握するため、自社で試験研究を行っています。
メーカーや大学の試験結果だけでは、現場にフィードバックできません。
薬剤の特性は、画一的な方法で評価することはできないのです。
自社試験結果を、現場でのシロアリ駆除に生かすのが当社のスタイルです。
シロアリ調査、シロアリ駆除及び対策は こちら からお問い合わせください。


2022年9月度トップページ画像 2022年10月度トップページ画像 2022年11月度トップページ画像
2022年9月 2022年10月 2022年11月
当社はシロアリ駆除以外にも、家屋害虫駆除予防を行っています。
その中でお問い合わせが多いのが、室内で徘徊する
クロアリです。
室内でクロアリが徘徊すると、市販の薬剤を使われる方がほとんどです。
殺虫スプレーを噴霧すると、噴霧されたクロアリは致死します。
しかし殺虫成分と触れていないクロアリは、致死しません。
殺虫成分の多くが忌避性を有していますので、処理箇所を避けて活動します。
そのため、かえって活動範囲が広がってしまうケースが多くなっています。
市販のアリ用毒餌剤を使用されるケースもあります。
この場合、毒餌剤の誘因成分がクロアリに一致しているかが重要重要です。
多くの毒餌剤が糖類を成分としているため、肉食性のアリは全く喫食しません。
アリ用毒餌剤で効果が得られるケースは、非常に限定的です。
当社のアリ対策は、アリの種類と活動範囲を調査することが大前提です。
アリの種類に応じて、使用する薬剤の種類や濃度を決定します。
その上で活動範囲から、処理範囲を決定します。
そのため、費用は使用する薬剤の使用量などによって異なります。
ですので、シロアリと同様に事前調査が必須です。
クロアリ駆除及び対策は こちら からお問い合わせください。

上記の写真は、鉄骨住宅の床面で確認されたヤマトシロアリです。
この物件では、床面がブカブカするとのことからシロアリ調査を実施しました。
一般的な木造住宅と異なり、床下の高さが殆どなく転ばし床構造です。
床を非破壊シロアリ探知機で調査した結果、ほぼ全面で活動が確認されました。
床面の壁面際を撤去した結果、活動中のシロアリが確認されました。
この物件を建築したビルダーは、鉄骨だからという過信があったのでしょう。
シロアリは建物構造で、ある程度侵入防止は可能です。
しかし構造だけでは、シロアリの侵入を防止することはできません。
ベタ基礎だと、シロアリは侵入できないと考える設計者の方が多いようです。
実際にベタ基礎で、シロアリが侵入し被害を与えた事例は多数あります。
逆ベタ基礎構造の店舗やマンションでも、シロアリ侵入事例はあります。
シロアリ対策は構造を基本とし、薬剤で補完するのが当初のポリシーです。
そのため高濃度薬剤の大量散布は、当社ではお薦めしていません。
一般的に行われている高濃度大量散布は、薬剤曝露リスクがあります。
お住いの方の安全とシロアリから守る安心を当社はお届けします。
シロアリ駆除及び対策は こちら からお問い合わせください。

上記の写真は、ヤマトシロアリ駆除でお伺いした現場で撮影した1枚です。
この物件では、4月下旬に窓枠周辺から羽アリが発生しました。
床下側から点検調査した結果、広範囲にシロアリ被害と生息が確認されました。
シロアリ駆除処理は、シロアリ生息部から薬剤注入処理を行います。
ゆっくりと注入処理することで、薬剤が生息部内で広がります。
やがて侵入経路である蟻道まで薬剤が流入します。
生息部である地中に対して薬剤処理することで、シロアリ駆除は完了します。
シロアリ駆除の原則は、シロアリのコロニーを駆除することです。
シロアリ調査では被害状況を調査するとともに、コロニーの位置を推定します。
シロアリ駆除は、被害部等へ薬剤注入することではありません。
コロニーを駆除するため、使用する薬剤の特性を生かした処理が必要です。
薬剤の種類、特性に合わせた処理濃度や処理量を最適化する必要があります。
当社では自社での試験研究を通じて、シロアリ駆除方法を確立しています。
当社のコンセプトである、必要最小限の薬剤量で駆除することに繋がります。
薬剤使用量の削減は、薬剤曝露リスクを下げることで安全を提供します。
安全で確実なシロアリ駆除は こちら からお問い合わせください。


ホーム 会社案内 お問合せ リンク サイトマップ

阪神ターマイトラボは、シロアリ駆除・住まいの害虫防除について『安心』と『安全』をお届けします。
当社のシロアリ対策は、徹底的な調査を行うことでシロアリの侵入ルートや生息範囲を捉え、最適なシロアリ防除薬剤の種類や濃度、処理方法を工夫してシロアリを駆除します。
シロアリが発生してお困りの方、シロアリに対して不安をお持ちの方に対して、シロアリを駆除することで安心をお届けします。
当社のシロアリ対策は、シロアリ防除薬剤の大量散布に頼らず、シロアリの生態に合わせて最小限の薬剤量で駆除し、侵入防止対策を物理的な方法を含めて提案します。
安全なシロアリ防除薬剤を使用するから安全ではなく、安全なシロアリ防除薬剤を必要最小限量使用することにより、シロアリ防除薬剤の暴露リスクを下げることで安全なシロアリ対策をお届けします。

阪神ターマイトラボロゴ 阪神ターマイトラボ
663-8187 兵庫県西宮市花園町11-28-201
Tel 0798-43-3436 / Fax 050-3718-1362


シロアリ駆除・住まいの害虫防除のご相談は、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀など近畿一円対応可能です。
阪神ターマイトラボは安全と環境に配慮し、シロアリや住まいの害虫に対策を立てます。
Copyright (C) Hanshin Termites Laboratory 2006-2022 All Rights Reserved
当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。